​近くで見て、触れて、楽しむ

流氷が押し寄せてくる時季。知床流氷フェスが開催される。

2020年2月。知床流氷フェス内で、少し変わったダイニングが登場した。

バーカウンターやテーブルがすべて氷でつくられ、

接岸した流氷を引き上げ、オブジェのように配置。

遠目に見る流氷に触れながら、ライトアップされた会場で軽食と飲み物を楽しむ。

​それが

=流氷最前列ダイニング=

世界自然遺産を有する知床。

食の知床。

だからこそ「食」に関する発信が人々の心に響く。

地元食材を使った、地元ホテルのシェフが提供する料理の他に、

アイヌ料理、ヴィーガン料理も日にち限定で展開。

​観光客はもちろんのこと、地元の方々にも新たな食の発見を楽しんでいただいた。

知床-ふゆトピア.jpg
流氷最前列ダイニング
@知床流氷フェス

知床流氷フェス

​冷たい空気が

美しさを際立たせる

人の手による

自然の造形

雪と氷の回廊を

​ゆっくりと歩みを進める

様々な光が

幻想的な

​その空間を生み出す

篝火が

パチパチと音をたて

​冷えた体に暖をくれる

氷のテーブルで

​温かな料理を

寒いから楽しめる

​氷のグラスの美しいカクテル

飲み終えたグラスを

積み上げていく

​さて、どこに積もうか

​光を受けて輝く

アイスグラスタワー